やめられない食習慣があるから肥満になった

 

やめられない食習慣があるから肥満になった

肥満になる原因は、食べ過ぎばかりではないのですね。

 

甘いお菓子を感触していたり、缶コーヒーやジュースなどの糖分が多い飲み物をたくさん飲んでいたり、早食いだったり、揚げ物を食べないと満足しなかった理、毎日お酒を飲んでいたり、寝る直前に夜食を食べたり・・・

 

これらは悪い食習慣の代表です。

 

たぶんこれらは太ってしまうと分かっていても、なかなかやめられない食習慣なんですね。

 

好きなものを好きな時に好きなだけという食習慣を続ければ内臓脂肪は増える一方です。

 

もちろんこれではいつまでも痩せることなんてできませんよね。

 

内臓脂肪を減らして、健康になるために悪い食習慣を改善しなければ、生活習慣病の心配も多くなってきてしまいます。

 

一度にやめなければ、今日から絶対にやめるなどと決めると、ストレスがかかって続けられないので、徐々に感触をつかみだして、さらにやる気が出るように簡単なことから実行していきます。

 

 

 

長い間に習慣となった食べ方を変えていくのは大変なことです。

 

一度に全てをけるのは強いストレスになりますし、挫折する原因にもなります。

 

気楽な気持ちで続けられるようなものをしなければいけません。

 

ダイエットは小さなことの積み重ねです。

 

たとえ一つのカロリーは小さくても、それを毎日積み上げれば大きな成果になります。

 

悪い習慣を改善しないで、主食を食べなかったりしたり、単品のダイエットで体重が減っても、健康を損なってしまうかもしれません。

 

ダイエット参考サイト⇒エルセーヌ メンズダンディハウス 体験

感触をやめる

ダイエットはしたいけどお菓子はやめられない人もいます。

 

ただ内臓脂肪のつきにく食べ方にすれば感触をしても大丈夫です。

 

お菓子は絶対にダメと決めると反動でダイエットを挫折しやすいので、これくらいの感覚で始めるのがいいのですね。

 

お菓子は食間に単独で食べるよりは、食後のデザート的な感覚で食べたほうがいいです。

 

満腹感がある食後なら量も少なくて済みますし、なんとなく食べるということがなくなります。

 

どうしても食間に食べる時には、食べる量を決めて食べます。

 

気が付いたら食べていたということがないように、普段は取り出しにくい場所に置いておくなどの工夫も必要ですね。

 

3食をバランスよく食べて、適正カロリー内ならお菓子を食べても大丈夫なんです。

 

 

 

口がさびしかったり、イライラすると間食したくなるときは、正常な食欲ではなくて、ニセの空腹感です。

 

糖分を摂取すると、ストレスを鎮めるセロトニンという物質が分泌されるので、イライラがおさまります。

 

そうすると空腹感がおさまったことと錯覚することになります。

 

そんなニセの空腹感は、5分だけでも他のことをして気を紛らわせることができれば、食べたい気持ちはなくなります。

 

 

 

ながら食いは悪い習慣の代表です。

 

テレビを見ながら食べたり、雑誌を見ながら食べたりしたりするのは問題なんです。

 

なんとなく食べるというのではなくて、何かを食べていることを実感しなければいけません。

 

間食をするときも何気なく食べるのではなくて、今から間食をするという意識を持たないといけません。

 

ダイエット参考サイト⇒痩身エステ関西※お試し体験に行って効果があったおすすめサロンはココ!/仙台痩身エステ※仙台市の大手痩身エステをお試し体験してきました!

缶コーヒーがやめられない

休憩で何気なく飲む缶コーヒーは、空腹が満たされることもないですし、お腹に入れた満足感もありません。

 

でもこの缶コーヒーで太った人は多いのです。

 

缶コーヒーのカロリーはかなりあるので、1日に何本も飲むようであれば食事のカロリーを上回ることもあります。

 

缶コーヒーだけでなく、果汁のジュースでも同じことです。

 

ご飯よりも吸収が良いので、内臓脂肪になりやすいのです。

 

できることならノンカロリーや無糖のコーヒーにするか、お茶などに変えるほうがいいですね。

 

 

 

甘みを感じる味覚は、同じ糖度でも温度で違ってきます。

 

温かいものは甘みを感じやすいですし、低温では感じにくくなります。

 

冷たい缶コーヒーを一息で飲んでしまっては、満足感も何もありません。

 

温かいコーヒーを時間をかけて飲んで、ほっとするという精神的な満足感を味わうようにします。

 

 

 

お茶やお水で水分補給ができるようになれば、缶コーヒーのカロリーを他の食べ物にすることができますから、肉でも魚でもそれだけたくさん食べることができます。

 

当然栄養バランスもよくなりますし、満足感も上がります。

 

ダイエット参考サイト⇒エルセーヌの口コミの評判を見てお試し体験に行ってきました!/エルセーヌ体験コースのお試しに行きました!口コミの評判は嘘でした!

早食いがやめられない

食事は早食いの人の方が太りやすくて、ゆっくりと食べる人の方が痩せやすくなります。

 

動物はものを食べて満腹になると、脳にある満腹中枢から信号が出て、食べ物が残っていても食べることをやめます。

 

正常な食欲と食事の関係が保たれているので、太ることがないのですね。

 

もともと人間もそうなのですが、脳が発達したために、満腹でも好物を見れば食べたくなっているのです。

 

満腹感を無視して食べることをすると、満腹中枢から出る信号に対する脳の反応が鈍くなっています。

 

食欲と満腹感にズレが出てくるのですね。

 

ものを食べ始めてから血糖値が上昇して、満腹中枢が信号をだすまでに20分。

 

早食いをするとその信号を感じるまでにたくさん食べてしまうことになるのですね。

 

食事は楽しみながら、良く噛んで20分以上の時間をかけるようにしたいですね。

 

 

 

@食前に水を飲む・・・あらかじめ胃に水を入れておけば、空腹感を一時抑えることができます。早食いはもちろん、勢い食いの防止にも効果的です。

 

A一口の量を少なくする・・・ピラフやカレーなどは一口の量が多くなりやすいです。そんなものはお箸で食べたり、スプーンを小さくしたりして、一度に口に入れる量をすくなくします。

 

B一口10回は噛む・・・シチュー、カレー、スパゲッティー、ラーメンなどの柔らかいものは避けて、食物繊維が豊富な海藻や野菜、豆類など歯ごたえのある食材を多く食べるようにします。

 

Cはしやすめの時間をつくる・・・口に入っているのに次のさらに箸を伸ばすのはやめて、一口食べたら箸を置くくらいの感覚で食事に時間をかけるようにします。

 

D食事中にも水を飲む・・・食事中もときどき水を飲むようにして、食事時間が延びるとともに満腹感が得られるようになります。

 

ダイエット参考サイト⇒ダイエットエステの口コミをランキング!私も体験して大満足です♪/太ももを細くする方法!即効性ならダイエットエステのお試し体験です♪

揚げ物がやめられない

男性には人気がある天ぷらやフライは、油をたっぷりと吸っている衣があるので、かなり高カロリーです。

 

健康的なイメージがあるオリーブオイルや植物性の油も、減量は何であれ油脂類は全てが高カロリーです。

 

カロリーの高い揚げ物は、内臓脂肪を落としたい人にとっては避けたい食べ物です。

 

同じ素材でも、焼いたり、茹でたり、蒸したりといった調理法を選ぶようにします。

 

衣をつけないで素揚げにするだけでも、かなりカロリーをカットすることができます。

 

 

 

揚げ物を食べる時に味付けとしてタルタルソースやマヨネーズを付けるのは最悪ですね。

 

揚げ物とセットになると、ダイエットの天敵になります。

 

塩やレモンなどであっさりと食べたいものです。

 

素材も脂身の多い部位よりも、脂身を避けて食べるように工夫します。

 

 

 

とはいっても食べていた好物を我慢ばかりするのはストレスになりますから、ストレス発散に揚げ物の日を作るのもいい方法です。

 

たまには好きなものを美味しく食べたいですからね。

 

もちろん衣を少なめにしたり、高温でカラッと上げたりと、余分な油を落とす工夫は必要ですけどね。

 

ダイエット参考サイト⇒痩身エステオススメ※体験してみて勧誘や効果の不安がなくなりました!/ダイエットエステ.com